任意保険とは強制保険である自賠責保険とは異なり

通常、任意保険とは強制保険である自賠責保険とは異なり、自賠責保険の範囲では補うことが難しい補償をしてもらえる重要性の高いものです。

これは任意保険という保険は自動車損害賠償責任保険の上級保険ということで機能しますので、自賠責保険でまかなえる限度額を超えた際に登場します。

それから、自賠責保険には物に対する損害については補償対象にならないので物に対する損害を補うのであればさらに任意保険にも加入しておくのがいいと思います。

今現在任意保険を支払っているマイカーを処分する際は日本の自動車でも海外の車などことは例外なく、残っているお金が還付されます。

国産メーカーの車を処分する場合でも同じことが言えます。

自賠責保険基本的にはそのままにしておくのが常識ですが任意保険の場合は誰でもかけるものではないので解約をすることになります。

それから解約をすれば現段階で 支払い済みの残存金額が返金されるのです。

愛車の売却が成立したと言っても即任意保険をキャンセルするのはリスキーです。

当然、早く契約解除すればそれだけ還付される額は増加しますが、もしも車専門店が遠くにあって自分で運転していくことになった際は、任意保険に入っていない状態で車の運転をすることになります。

万が一のリスクに備えて絶対にこれから自ら自動車の運転をすることはないという状況になる時まで任意保険の契約の解除の手続きはされないようにする必要があります。

愛車を引き取ってもらって、またすぐに他の車両に乗り換える場合でしたら良いと思いますが、もしもずっと運転をしないような状況が継続して保険に加入している意味がなくなってしまったら任意保険未加入の期間が存在すると以前続いていた任意保険の等級が下がり、保険料が増額となってしまいます。

こういった場合であれば「中断証明書」という書類を発行してもらうようにしなければなりません。

この「中断証明書」があれば10年まで遡って契約解除前の保険の等級を引き継ぐことができます。

そして13ヶ月以内でしたら出してもらうことが可能ですので、今現在で売却済みで「中断証明書」という書類を出されてもらっていないのでしたら代理店にその旨を伝えてください。

もしも自分が新しく車を買うことになって、その後以前持っていた車を引き取りしてもらう場合は、任意保険の契約は片方のみの契約です。

更新ということですから、運転しなければならないクルマでしたら売却の際まで注意しましょう。

また、任意保険の保険料は車の種類次第で保険料が相当変わるので、買取のさいは任意保険そのものを検討する好機にもなります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.adhdskillsforlife.com All Rights Reserved.