今回はもしや10万円を借りたと設定して

フリーローンに関しての支払方式というものはカード会社の方針に応じて相当相違というものがあり様々なやり方が選ばれております。コディナ アロエジェル

一般的なところではスライド法やリボ払方式などが導入されているようです。クレジット会社から借りることも可能

またこういった誰でもご存知のリボルディングですが、実を言えば算定方式にはいろいな様式というものがあったりします。コンブチャクレンズ

そして其の法によって支払金額が違ってきてしまうわけですから知っていて損はないはずです。オメガ 腕時計

しからば簡便にこの2つのメソッドのへだたりについてを説明しましょう。マイクレ

ひとつは元金均等払いで、もう一つは元利均等払いというものです。サクナサク

両者はその名のとおり元本を均分に返済していくというのと、元本と利率に関してつごうで均等に支払っていくという様式です。メールレディ キャンディトーク

今回はもしや10万円を借りたと設定して、実際上いかなる算出をするかみてみましょう。

利子に関しては両方とも15%というように試算します。

それとリボに関しての返済を1万円と設定し試算します。

まずは元金均等払いからいきましょう。

斯様なケースの1回目の支払いに関しては1万円に対して利率分の1250円を加えた返済になります。

その次の引き落しは1万円へ利息分の1125円を加算した金額となるのです。

こういったようにして全部で10回で返済を終わらせると言う様式になります。

一方で元利均等払いというものは初回の支払については1万円でそこから元本へ8750円利子に1250円という具合で分配します。

次回の支払については元金が8750円減った状態にて利子を計算して1万円から再度分配します。

言い換えれば元利均等払いの場合は10回で支払いが完済しない勘定になってしまうのです。

たったこれだけの差異で両方がいかに異なっているのか十分に分かって頂けたと思います。

元利均等とは元金均等と比較して明白に元が縮小していくのが遅いというような弱点があるのです。

要するに金利というものを余計に払うといったことになったりするのです。

一方はじめの支払が少額ですむといった利点というものもあるのです。

こんな返済方法についての相違に応じて、返済金額というものは違ってくるのでご自身の好みに合致する方法を取るようにしていきましょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.adhdskillsforlife.com All Rights Reserved.