www.adhdskillsforlife.com

普通の初めての方向けのFX取引の本では「差損が生じたケースではナンピン買いでポジションの平均を価格を下げる」等記述されているが、正直そこには相当のリスクが待ち受けています。はじめに、ナンピン買いの原理について手短に述べます。ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。$買いなので円安ドル高に動くほど儲けが大きくなるわけですが、思っていたのとは逆に1ドル95円までドル安方向に進んだとします。そのままポジションを維持し続けたらマイナスをなくすためには、5円分ドル高に進む必要があります。皆さん、損失は早くリカバリしたいと願うでしょう。この状況を打破するため最初に取引したのと同じ額の$(ドル)を、1ドルを95円で売買します。これで、ポジション全体の単価は1ドル=97.50円まで引き下げることができます。この結果、2円50銭の幅で円安ドル高が進行すれば損失を回復する事ができます。これが、ナンピン買いの仕組みです。このとおり、ナンピンの方法を理解すると、「なるほど」と考えたりするが為替相場はそう簡単に思った通りにはなりません。元々、95円が底値だということなど、誰も分かるはずがありません。もし、為替相場が円高動向だったら1ドル95円ではとまらずより一層円高ドル安に向う確率がある。たとえば、97円50銭でナンピン買いをして、1ドル95円まで円高ドル安が進んだらナンピン買いしたポジションにも赤字が生じます。そういう状況では最初に保有したポジションと合計でダブルで損が生じる事になります。この通り、ナンピンは難しいです。それでは、マーケットがシナリオとは逆にさっと進んでしまった場合、どのような手法で危険の確率を軽減すればいいのでしょうか。こういう場合には選択できる方法は2つだけあります。まずひとつめはあきらめて損失を確定する事です。もうひとつの選択肢としては今、自分が保持しているポジションを少なくする事によって、再度為替相場が戻るのを何もしないで待ち望むことです。相当大人しいやり方だとみる方もいるだろう。けれども、ポジションにマイナスが生じた時、最も正しいやり方はこの2つ以外にはありえません。確かに、ロジックのうえではナンピン買いする術もあるように思える。だがナンピンは、あなた自身が損失を披っているにもかかわらず、ポジションを縮小するどころかそれとは反対に買いポジションを買い増していく手段です。この手段では、リスクを避けることなど、到底無謀だと思ったほうかいいだろう。ナンピンを続けられればやがては勝てるかもしれない。でも、それより先に投資資金は足りなくなってしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.adhdskillsforlife.com All Rights Reserved.