www.adhdskillsforlife.com

一般的な初心者向けのFX投資の書籍では「損が生まれた場面ではナンピンをして平均のコストをコントロールする事が出来る」等述べられているが、正直それには引っ掛けがある。まず最初に、ナンピンのロジックについてごく簡単に説明します。仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いですので、円安になればなるほど儲けが大きくなるわけですが、思っていたのとは逆に95円までドル安が進んでしまったとします。そのままの場合維持し続けたとしたら、損がなくなるまでには損失分円安に動く必要があります。マイナスは早く無くしたいと考えます。そこで最初に売り買いしたのと同じだけの$(ドル)を95円でエントリーします。すると、ポジション全体の平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで引き下げることができます。その結果、半分の幅で円安に向えば、マイナスを取り戻す事が出来ます。こういったことがナンピンの理屈です。こういうふうに、ナンピン買いの手法を耳にすると、「なるほど」と考えるが、為替相場はそう易々と問屋を卸しません。そもそも、95円より下がらないとは誰も分かるはずがありません。仮定として、相場がかなり強い円高ドル安トレンドだとすると95円では下げ止まらずに、さらに一層円高が加速する可能性が高くなります。仮に、97円50銭でナンピンをした時に95円まで円高ドル安になっとしたならば、ナンピン買いをした分についても、損失が生まれることになってしまいます。これでは、一番初めに売買したドルとあわせて、より大きなマイナスが生じます。この通り、ナンピンは一筋縄でいきません。ならば、為替が自らのストーリー展開とは逆の方向にすぐに向う場合どの対策で危険性を回避すればいいのでしょうか。こういう場合には選択する手段は2つしかありません。ひとつは観念して損切りをする事です。別の方法としては、その時点で、持っているポジションを縮小することによって、再度市場が戻るのを大人しく待つことだ。相当大人しい手段だと考える人もいるkもしれません。だけど、自分の持っている買いポジションにマイナスが生まれた時最も妥当な手法はそれ以外にはないです。無論、理論としては、ナンピンをする方法もあるように思えます。しかしナンピンは自分が損失を披っている場面で買いポジションを小さくするどころか、遂にポジションを買い増していく考え方です。この手段では、危険をコントロールすることなど、どう頑張ってもやりようがないと考えるべきです。ナンピン買いを続けられればいずれは損を取り返せるかもしれません。だけど、それ以前にお金がマイナスになってしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.adhdskillsforlife.com All Rights Reserved.